新入社員研修って何?

就職活動中のみなさん、社会人のみなさん、仕事って大変ですよね。

多くの人が高校や大学を卒業してから社会人として働くようになっていきます。

厳しい就職活動の末、採用が決まった時は本当に嬉しいものですね。

これから、大人として自立していくためには仕事というものは必要不可欠です。

そんな仕事を始めるとき、初めはドキドキ緊張の嵐ですよね。

私自信も最初に社員の方々にあいさつをするときなんかは、何をしゃべったか記憶にないほどに緊張していました。

さて、様々な職種がありますが、各職種によってそれぞれに新入社員研修を行っているところが多くあります。

新入社員研修とは、その言葉通り、新入社員を対象に行われる研修のことです。

新人の人たちは、今まで学生という枠にはまっていました。

それがいきなり社会に出ても通用するものではありません。

社会人として、それぞれの仕事をこなすための技術やマナーなどを身につけるのが新入社員研修の目的です。

言葉づかい、挨拶の仕方など大人として、社会人としての常識的なところを研修します。

研修の期間は、各企業などによって様々です。

基本的には、入社してから1ヶ月~3ヶ月というところでしょうか。

しかし、最近企業はかなり長い期間を設けているところもでてきています。

驚くことに、1年~3年もの期間を新入社員研修にあてているのです。

かなりの基礎から応用までみっちりと研修した後に、企業の代表として送り出すという計画です。

新入社員研修は、その企業の中で行うという場合が多いのですが、最近では、外部委託する企業も珍しくありません。

特に、中小企業にはそういった傾向があるようです。

新入社員研修を行っている会社があるのです。

どのような研修を行っているのか、人気のある新人研修、階層別研修を行っている会社を例に挙げてみます。

接待の基本を学びます。

お客様、または顧客の方と接するための心構えから学ぶことができます。

その中には、クレーム対応や電話対応、立ち振る舞いや言葉遣いなど基本的なことをしっかりと学べるコース作りになっています。

新入社員研修のコースを確認